里山 作物の部屋 作物の部屋 里山


農業技術相談室TOP 作物の部屋 野菜の部屋 花の部屋 果樹の部屋 畜産の部屋

春先の麦の栽培管理について
暖冬で麦の生育が進んでいるように思います。これからの栽培管理について教えてください。
re:春先の麦の栽培管理について[農業総合センター ]
1 追肥
 茎数不足や肥切れが予想されるほ場では、タンパク質含量の低下につながる心配があります。生育を見て窒素質肥料を成分量で2kg/10a程度追肥しましょう。ビール大麦では幼穂長10㎜期、小麦では30㎜期が収量・タンパク質含量の向上、節間伸長抑制の点で施肥適期です。

2 病害虫の防除
 出穂期以降に高温・多雨になると、赤かび病が発生しやすくなります。小麦では開花期、大麦では穂揃い期を中心に適期に防除してください。また、アブラムシ類などの害虫も、被害が発生する心配がある場合には防除しましょう。

3 排水対策
 明きょの設置や排水路の再点検と整備を行い、ほ場の排水を促し、湿害防止に努めましょう。

4 霜害対策
 湿害を受けると生育ステージが早くなり晩霜害の被害を受けやすくなります。排水対策を行いましょう。また、排水性の向上は、凍霜害の補償作用(遅発分げつの有効化、登熟の向上)が発揮されやすくなります。
本ウェブサイトに掲載されている文章、画像、その他の著作物に関する著作権等は、岡山県に帰属します。無断転用・転載はお断りします。

このページの内容に関するお問い合わせは農林水産総合センター普及連携部まで
http://www.pref.okayama.jp/soshiki/kakuka.html?sec_sec1=236

 注意事項
個人・企業・団体等に対する中傷及び公序良俗に反するもの、また物品販売、営利を目的とした投稿は固く禁じます。

提供:岡山県農林水産部農産課